no.4「電車男...車中でのパソコン考」060216

●先日の事だが、23時30分発の電車に乗った。車中、やれやれ今日も終わるなぁとぼんやり気分、帰宅したら明日になっている時間帯であった。発車間際、一人の男性が飛び乗って来て、私の隣の空席にコートで膨らんだ身体をねじ込んだ。そして、その人はノートPCを膝に開いたのだった。

f0062810_14465843.jpg●公共の乗り物でどのようなお方と隣り合わせになろうと、それは構わないつもりである。そこでHな夕刊紙や雑誌など広げてご覧遊ばしたなら、便乗...片目でチラと拝見する楽しみもあろうかというもの...私も親爺化している?!。
●が、そのお方はメールソフトを立ち上げた...いかん...それはイカン。そして余程お忙しい方か、メールチェックやお返事を始められたのである。途端に私の右半身にロックが掛かってしまった。車中にあって右側の視野が閉ざされてしまったということだ。目のやり場がない。これは一種の...無意思の暴力または嫌がらせ...迷惑行為!だと感じた。当然ながら私はその人のメールなど見たくない、たとえ右に顔が動いても読むはずはない。しかし、右視線は誤解を招くような気がするではないか。
●しばし硬直したまま時間が経った。数分とはいえ長く感じる。するとのそのお疲れ仕事人さんは、コクリコクリと睡魔の前に敗退なさったようだ。私の右半身にかすかに体重を感じる。紳士の手はキーボードの上に置かれたままだが、PCは煌々としてスリープする気配はない。よそ様のメールが読みたければ今がチャンスだけど、NO THANK YOU!!!、まだ起きて必死にキーを叩いてくれた方が気が紛れる。乗車時間20と数分。やがて、同じ駅でそのジェントルマンも下車したが、なんと窮屈・不快だったこと...うたた寝する知恵さえ浮かばなかった自分が損した気分だ。(仕事場で物思いに耽るウチ猫らんぽ嬢の画像は、本文と一切無関係です。為念。)

f0062810_14472214.jpg●私はノートPCを使いつけない人種だから、電車内のPC使いを今まで別段意識したことはなかった。空いた社内で、優雅にサラッとPCを広げる外国人をカッコイイぐらいに思っていた。しかし、今回たまたま隣りに座ったお方が、電車内のPCマナーを教えて下さった。お礼にリゲイン一年分差し上げよう!。
●さて、電車の中で嫌だと感じる
 電子製品の使用を列挙してみよう。
 1 ノートPCでのメールや文書作成
 2 携帯電話での大声会話
 3 ウォークマンなど音楽再生機の
   イヤフォンからの音漏れ
●ついでながら携帯メールは、地下鉄駅構内など最近は電波圏内となり、間隙をぬって数文字メールの発信など、私も時には車中の通信環境を利用させてもらっている。これは便利で大助かり。

●も一つ、思い出した迷惑話。ずっと昔に友人と東京タワーの展望フロアに行った時のことだ。窓ににじり寄り景色を眺めていた。そして、ベンチに座り直し風景を楽しみながら話をしていたその時だ。後から来た「大・バカっぷる」が、窓辺で濃厚なコミュニケーション=KISSSSSsssss大会を始めたのである。しかも白昼。軽いのなら?可愛い?仕方ない?許す!。でも、ネチネチとずっと続けた!。何かお声を掛けようかと思ったが、さすがにゲンナリしてこちらの負け、退散した経験がある。誰も、選りに選って、私の前でそんなSHOWのサービスはお願いしてませんてば!。
[PR]
by arinco22 | 2006-02-16 15:53 |      考


<< no.5「虫+義...さて何?... no.3「猿田神社へ...気晴... >>