<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

no.9「馬たちのベスト...ボタンで遊ぶ」060227

●no.6とno.7で編んだベスト、腕が自由に動かせて快適、着ていても楽しい。一度始めると止まらない編み編み症候群。最初の二着、アランの模様編みをベースにしたものと違い、次に手がけたのは黒と白のネップの混ざったグレイの渋い糸。これを活かすにはメリヤス地のダダ編みしかない。作りも至ってシンプルで前あきのかぶりもの。メリヤス編みは退屈でつまらないから、前立てを長目にしてボタンで遊ぶしかないな、最初に糸を選んだ時からの企みだった。太めの糸なので目数も少ない。オリンピックを見ながらあっという間に本体ができあがった。袖を編まなくてよい分よけいに早い。

●手持ちのボタンも持ち込んで、イクスピアリのla droguerie = ラ・ドログリー(本店パリ・日本国内8店舗)に出掛けて、色んなボタンを置いて考えてみた。最初はグレイと赤でまとめようかと思っていたのだが、こうしてみるとボタンによって全く違う個性・表情を見せてくれるから面白い。売り場の人と一緒になって、色々楽しんでみた。いや、遊びすぎた。
f0062810_7415855.jpg

f0062810_7422079.jpg●そうこうする内に、個性的ではありながら日頃の服装と合わせやすいものに...と落ち着いたのが馬の玩具ボタン。大小や色の違いを微妙に組み合わせて計11個。オマケの1個は背中の首根っこにアクセントとしてポチッと付けてみた。色味は地味だけど、遊びがあって、まず満足。お馬さん達に飽きたら、ボタンを変えると、また新鮮な感覚で楽しめる。プレーンな形や編み地も悪くない。

●今回のグレイの糸シリーズにはあと何色かあって、秘かに紺系を狙っているのだが、混ざりネップの色がオレンジや白など明るいので、それを如何に使いこなそうかと思案中。イメージが固まってからゆっくり糸を買うことにしよう。新春からのベスト連続制作も、この三着目で一段落となるか?。
f0062810_7432548.jpg

[PR]
by arinco22 | 2006-02-27 08:40 |      造

no.8「みずうみ...文庫本の思い出」060225

●私の読書遍歴といって、取り立てて語る程のものではないが、あまり本好きでもなかった子供時代の読書は「シートン動物記」や「ドリトル先生」でひとまず終わったかと思う。童話以後で明確に記憶に残っている最初の本は、小学校6年の時に両親の書架から大人臭いタイトルに惹かれて取り上げた「死よ驕るなかれ」(ジョン.ガンサー 中野 好夫,矢川 徳光 訳 岩波新書青版)であった。中学一年の頃、宿題や試験勉強なんてどうでもよいと、机に隠して読みふけったのは、いささか時代がかっているが、文庫本の「路傍の石(山本有三)」「次郎物語(下村湖人)」「二十四の瞳(壺井栄)」あたりからだった。

f0062810_3112657.jpg●その頃、文庫本の世界に入り込んだ私を見た父が、何を思ったか「この本はエエで」と言って、わざわざ買って来てくれた文庫本があった。シュトルムの「みずうみ」である。ドイツ作家の短編集だが、およそ父のイメージとはかけ離れているかに感じられる繊細でロマンチックな若い恋心や、遠い国ドイツの風景が見えるような美しい物語であった。
●当時の私にはピンと来る...または魂が打ち震えるという物語ではなかったが、時々父が「エイろう?」と、土佐弁で問うて来た時には首を縦に振っておくことにしていた。親爺が娘に初めて買ってくれた文庫本、あの時の父の気持ちが、今なら少し理解できるような気もする。この贈り物は、自分が父親らしい何かをした...おれの趣味を伝えたいという気持ちなんだな...その記憶として刻印されている。今もこの本は手元にある。私の文庫本との付き合いの記念碑のように。12歳をスタートラインに、文庫本には随分お世話になった。学生時代には、行きつけの書店さんに日参しての本漁り、挙げ句の果てに店番すらしたことがある。

●岩波文庫の★ひとつが50円で、★★だと100円というのは、いつ頃まで続いていたのだろうか。今時の人に、★一個がね...などと言う話をしてもポカンとしてる。こんな話を持ち出そうものなら、最早、自分が墓穴を掘っているような気がする。時代は変わった。

●最近ではカラー写真満載の文庫サイズの本など、うっかりすると1000円を軽く超えるようなものもある。でも薄手のものは300円前後からのようだ。数ヶ月に一度の小波、数年に一度の大波、本の虫が空腹を訴える。今時の文庫本のコーナーには食指の動く本が驚くほど少ない。余程の売れ筋か新刊は山とあるのに。昔、読み損ねて、今さら読みたい本は、大型書店かネット注文という時代になってしまった。ちょっともどかしい。
[PR]
by arinco22 | 2006-02-25 03:15 |      思

no.7「梟たちのベスト...アルパカの糸で」060221

f0062810_17473765.jpg●no.6のに続けて、私は、もう一着のベストを編み始めた。どうも編み物は麻薬的で、一つ編み上がると次の物に取りかからないと、手が寂しい性分らしい。
●忙しいとか何とか言いながら、押入れの天袋にある毛糸ストックを物色した。20年も前に買いだめして散々...何着も作ったアルパカの糸。残っていたのは難易度の高い色、以前の私は扱いかねたらしい。焦げ茶とグレイのミックス色。今見るととても良い色に思える。
●さてこれで、前開きのかぶりベストにしようと、勝手に手が動いていた。でも、どうするか、およそのイメージはあっても、具体的な仕上げ方法は決まっていなかった。
●縁取りの仕上げは、断然、生成りの白でクルリと巻き込むような雰囲気にしよう、首周りや前あきは負担の少ないスッキリしたものにして、と考えながら編み進む。猛烈に忙しい時期だったから1日1cmしか進まぬ日もあった。それでも、止まらない。
●途中、仕事で要り用な輸入物の色木綿糸を買いに行ったイクスピアリの手芸材料店で、ちゃっかりと釦を探している私がいた。梟=ふくろう!を発見。その時にこのベストの「仕上げはこうだ!」が決まった。後は仕事の合間に、プリンタへのダウンロードやプリント中(数時間かかる)、他に作業の進めようのない隙をみて編む・編む・編む。ベースの編み地はおとなしいアランの模様だ。ふくろうのボタンを取り付ける仕上げが、わくわく楽しかった。
f0062810_17474656.jpg
●結局、仕上がったのは、仕事の山が一段落...もう一回戦の後の区切りを見た2月11日を過ぎてからのことで、長期戦ではあったが、まずまずのイメージにできあがった。冬の内に間に合った、着られてうれしい。「我が同僚君」に印象を尋ねると、「シェークスピアみたいやね...」と言われた。
●編み物は麻薬的...次の物に取りかからないと寂しい性分、そう、私はすでに次の一着を編み始めている。今度のは、黒や白のネップの入ったミックス調のグレイの糸。糸を活かし、サクッとボーイッシュでプレーンなもの、やっぱり編みながらアイデアを練っている。
[PR]
by arinco22 | 2006-02-21 18:28 |      造

no.6「一本の糸から...被翼仕立ての白いベスト」060220

●およその知人は、私が料理をしないでもナイというと、意外・心外な顔をする。「へぇぇ?!」とか「またまたまたぁ!」とからかう。そして私は秘かにその反応を楽しんでいる。料理も何もかも、世間では女性がするものだ考えられている諸々を私は遊びの感覚で興じる。料理は、こうすれば・あぁなるのではないか?という、その思いつきやプロセスが面白いし、結果を出せるのが割と早いこと、何より作って美味しい思いができるから好きなのだ。
f0062810_1515642.jpg
●そして、編み物。ヨーロッパでは歴とした男の仕事=漁師たちが仕事用の防寒着としてセーターを編む...という感覚でとらえているが、ママやお婆ちゃん達がする家族のための愛情の籠もった仕事でもある。
●私が、編み物を始めたのはおよそ30年前だ。そしてかなり...半端でない数を編んだが、ここ10年ほどはそんな遊びから遠ざかっていた。たくさん編みながら、いわゆる本に載っているものではなく、いつの間にか自分のオリジナルしか作らないようになっていった。今年、元日に思い立ってベストを編み始めた。自分が着たいもの、冬の厚手のジャケットの下で、腕が動かしやすくて背中の温かいものといえばベストだ。こういう物は市販されていない。フリースばかり着ているのにも飽きた...毛糸のものが着たいがセーターは暑苦しい。編み始めてから色々工夫したくなり、ちょっと懲りすぎたので時間が掛かったが、工芸っぽい仕上がりとなった。
●いわゆる絵柄物の編み込み模様は、あまり性に合わないらしい。もっぱら模様編み、アランの模様=ケルトの伝統的な模様編みのテクスチュアが大好きだ。その約束のアランのモチーフを組み合わせて、糸や色を自分の好みのものにする。
f0062810_15151622.jpg
●ある日の真夜中、母とお茶飲み話をしていた時の会話であるが、
 私「自分でね、実は私って不器用だと思う。こうしたいという思いが手を動かしてる。」
 母「はぁ、それねぇ、うん、分かるような気がするよ。」
 何にせよ、何もないところに一本の糸からテクスチュアを持つ着物ができることが楽しい。
[PR]
by arinco22 | 2006-02-20 15:48 |      造

no.5「虫+義...さて何?」060219

●「蟻=ari」という文字は、「虫」に「義」と書くということを、我が同僚が気付かせてくれた。
 さて困ったと、私はフリーズしてしまった。そこで「虫」偏の文字に思いを巡らせてみた。

f0062810_16585388.jpg●蚊、蠅、蝶、蜂、蜘、蝉、蠍、蝸、蛙に、
 蛇、蛤、蛎.、蛸...アワワあるある...。
 ふと興味が沸き、漢和辞典を久々に紐といてみた。
 日本人に馴染みのあるものも含め、
 案外、虫偏の文字は多い。
 でも、なぜ「虹」という文字が虫偏なのだろう。
 虹はむかし竜の一種と考えられていたそうだ。
 はぁ、ふむふむと納得した。
●して、なぜ「蟻」という字は「虫」に「義」なのか。
 下手な説明より右の辞典→をズバリ撮影、
 三省堂、長澤規矩也編・新漢和中辞典である。
 (高校入学時に学校指定で買ったs43第6刷)
●要するに「蟻」という文字には、
 微細で玄(くろ)いという意味が含まれ、
 微細で玄い虫=蟻という構成であることを知った。
 なるほど、四角四面の義理や任侠の義とは、
 この場合、意を異とするらしきことを知り、
 ちょっとホッとするやら気が抜けるやらであった。
f0062810_20145214.jpg

[PR]
by arinco22 | 2006-02-19 17:30 |      知

no.4「電車男...車中でのパソコン考」060216

●先日の事だが、23時30分発の電車に乗った。車中、やれやれ今日も終わるなぁとぼんやり気分、帰宅したら明日になっている時間帯であった。発車間際、一人の男性が飛び乗って来て、私の隣の空席にコートで膨らんだ身体をねじ込んだ。そして、その人はノートPCを膝に開いたのだった。

f0062810_14465843.jpg●公共の乗り物でどのようなお方と隣り合わせになろうと、それは構わないつもりである。そこでHな夕刊紙や雑誌など広げてご覧遊ばしたなら、便乗...片目でチラと拝見する楽しみもあろうかというもの...私も親爺化している?!。
●が、そのお方はメールソフトを立ち上げた...いかん...それはイカン。そして余程お忙しい方か、メールチェックやお返事を始められたのである。途端に私の右半身にロックが掛かってしまった。車中にあって右側の視野が閉ざされてしまったということだ。目のやり場がない。これは一種の...無意思の暴力または嫌がらせ...迷惑行為!だと感じた。当然ながら私はその人のメールなど見たくない、たとえ右に顔が動いても読むはずはない。しかし、右視線は誤解を招くような気がするではないか。
●しばし硬直したまま時間が経った。数分とはいえ長く感じる。するとのそのお疲れ仕事人さんは、コクリコクリと睡魔の前に敗退なさったようだ。私の右半身にかすかに体重を感じる。紳士の手はキーボードの上に置かれたままだが、PCは煌々としてスリープする気配はない。よそ様のメールが読みたければ今がチャンスだけど、NO THANK YOU!!!、まだ起きて必死にキーを叩いてくれた方が気が紛れる。乗車時間20と数分。やがて、同じ駅でそのジェントルマンも下車したが、なんと窮屈・不快だったこと...うたた寝する知恵さえ浮かばなかった自分が損した気分だ。(仕事場で物思いに耽るウチ猫らんぽ嬢の画像は、本文と一切無関係です。為念。)

f0062810_14472214.jpg●私はノートPCを使いつけない人種だから、電車内のPC使いを今まで別段意識したことはなかった。空いた社内で、優雅にサラッとPCを広げる外国人をカッコイイぐらいに思っていた。しかし、今回たまたま隣りに座ったお方が、電車内のPCマナーを教えて下さった。お礼にリゲイン一年分差し上げよう!。
●さて、電車の中で嫌だと感じる
 電子製品の使用を列挙してみよう。
 1 ノートPCでのメールや文書作成
 2 携帯電話での大声会話
 3 ウォークマンなど音楽再生機の
   イヤフォンからの音漏れ
●ついでながら携帯メールは、地下鉄駅構内など最近は電波圏内となり、間隙をぬって数文字メールの発信など、私も時には車中の通信環境を利用させてもらっている。これは便利で大助かり。

●も一つ、思い出した迷惑話。ずっと昔に友人と東京タワーの展望フロアに行った時のことだ。窓ににじり寄り景色を眺めていた。そして、ベンチに座り直し風景を楽しみながら話をしていたその時だ。後から来た「大・バカっぷる」が、窓辺で濃厚なコミュニケーション=KISSSSSsssss大会を始めたのである。しかも白昼。軽いのなら?可愛い?仕方ない?許す!。でも、ネチネチとずっと続けた!。何かお声を掛けようかと思ったが、さすがにゲンナリしてこちらの負け、退散した経験がある。誰も、選りに選って、私の前でそんなSHOWのサービスはお願いしてませんてば!。
[PR]
by arinco22 | 2006-02-16 15:53 |      考

no.3「猿田神社へ...気晴らしの方除に(銚子への日帰り旅1)」060212

●少し前、と言っても去年2005年12月4日のことだから既に2ヶ月前のこと。その日、今にも雨が降り出しそうな中、私は千葉県銚子市にぶらり日帰り一人遠足に出掛けた。

f0062810_3263830.jpg●コースはJR東日本総武線千葉駅経由鈍行の旅。行き先は銚子駅の2つ手前の猿田(さるだ=特急不停車)にした。猿田(さるた)神社があるという。何となくその神社に行ってみたい!...これは単なるインスピレーションで選択。

●私は、これまで神にも仏にも全くといってよいほど縁の無い生き方をしてきた。未だ宮参りも七五三も済んでない(だからまともに大人になれない?)し、両親の供養も寺の坊主に不快さを感じ縁を切ったままだ。
●怒り心頭...煮えくり返るなんて...およそ無いに等しい呆けな私が、この20日程前にかなり強烈な打撃を受け、自分が思っていたよりダメージが大きかったらしい。それで何か憂さ晴らし=気分転換が必要だったようだ。そんな時に知人が「方位がね...」なんてことを言う。???な気持ちもあったが一生に一度ぐらいは運勢的な話に素直に耳を貸してみるかな?と遊び心が疼いた。世間で言うところの「方位除け...とか...方たがい」というやつだ。その時の私にとって...どっち向きに行けば良いのかさえ根拠のないまま、とにかく...あ〜非日常的な場所に来た!と自覚できる場所...地図を見て東!とイマジネーションを持ち眺めていたら、そこが銚子だった。そして方除の神様は?と検索すると猿田神社がクローズアップされた...そんな他愛のないいきさつだった。
f0062810_3272837.jpg●各駅停車の鈍行に乗り込んだのは良かったが、成東から先だったか...単線になった...思い切りゆっくり旅。そして、昼前に猿田駅着...そこは無人駅。房総半島=千葉県は広い。大手醤油メーカー発祥の地・銚子と言えども、さすがに鄙びている。犬吠埼に間近い里。私の暮らす湾岸の埋め立て地からすると遙々な気分たっぷり。
f0062810_3304488.jpg●この頃には雨がシトシト...でも大地の香りで気分爽快...静かだ...雑音が無い。取りあえず、その後ついでに寄るつもりの銚子行きの時刻表を確認して、小高い丘にある神社に向かって歩き始めた。駅前から10分足らず。街場の平地にある神社とどんな風に違うのか期待が膨らんでくる...。
●そして、いよいよ辿り着いた。冬の曇天のせいかもしれないが、意外にシックだなぁ...。一の鳥居(↓左)・二の鳥居(↓中)をくぐり抜け、やれやれ階段ですかぁ...と、登りつめた私の目の前に、渋い拝殿(↓右)が現れた。(↓images...click to enlarge)
f0062810_5111785.jpg
●神仏と無縁な上、無学な私ゆえ、この猿田神社の神々が、猿田彦大神=さるたひこのおおかみ・天鈿女命=あめのうずめのみこと・菊理媛命=くくりひめのみこと...であると説かれてもサッパリ何が何やら分からない。そもそも三人の神様が同居って何なの?ってな調子だ。

f0062810_5411646.jpg●けれど、この神社、何の期待も予備知識も無しに来たのだが、結構古い...良い佇まい。いわゆる氏神様や鎮守杜の域は越えたお偉いサンかもしれないと思えてきた。西暦768年には郡知社として神戸の寄進を受け...云々...。

●本殿(←上下)は、807年に改築-961〜4年に修築-1127年に改築-1566年に消失後-1574年に再建-1680年に改築という歴史、桃山時代の豪華華麗な様式を伝える貴重な県有形文化財に指定されているそうだ。また、神社の背後には広大な社叢や森があるようで、これも含めて...気候の良い頃にもう一度行ってみたいと思っている。

●さて、私は「方除け」の御利益遊山にここに来たのだった。とは言え、神社のお商売であるお払いを授かるまでのことはない。交通安全から結婚式まで...どうやら何でも一手に引き受けているようだ。ここまで足を運んだだけで良しとしよう。開運・方除・庚申の神とされている。寛容な八百万の神々は、きっと私の来訪を見届け歓迎の意を表してくれたに違いないと決め込む。お水で清め、小銭のお賽銭。そして我流なお祈り。お守りを記念に「買い」...おみくじを引いて「遊ぶ」、土手の土を一かけら「おみやげ」。

●こんな得手勝手な「お客」である私に...果たして神は微笑んでくれているのだろうか?。その後の2ヶ月...今のところ神の怒りは買っていないのかもしれない。とりあえず無事であり...かつ例年と違い今年は苦手な新春の季節からどことなく明るい展望さえ感じている。多分...気分転換とはいえ...こんなコトを生まれて初めてしてみようとした自分の気持ちが前に向いているのか...そんな気がしないでもないが。神頼みという風習に倣ってみて...たまには良いものだなぁ...行ってみようと思える場所があるってことは...そんな感じなのだ。
f0062810_5414990.jpg●神社としての様式の整った社殿をぐるりと一回りして発見した数々の石造物(いすれも高さ30~40cm...右画像→)。昔からお願い事をしたり、神様に助けられた人たちが、この猿田神社に残したものなのだろう。軟弱で不届き千万な私と違い...この石を寄進した「いにしえ」の人々は...もっと本気で純情だったのだろうと思いを馳せながら...お宮を後にした。
(その後、銚子市街に足を伸ばし夕刻に千葉経由で帰宅したが、この日は実に楽しいことや出会いがたくさんあった。そのお話は...続編でボチボチ。。。)
[PR]
by arinco22 | 2006-02-12 07:21 |      行

no.2「LANG LANG MEMORY」060206

f0062810_123419.jpg●若き中国人ピアニストLANG LANGは1982年生まれ...つまり今年24才になる。漢字で郎朗と書く。ランラン...。
●このピアニストの存在を初めて知ったのは、2004年の年末にテレビ放映された「ヴェルビエ音楽祭」を見たことによる。その音楽祭(2004年夏)には、マルタ・アルゲリッチをはじめ蒼々たる音楽家達が集い、管弦楽器・歌などなど、それは目を見張る素晴らしい演奏会であったが、中でもピアノは、キーシンとアルゲリッチの一台四手連弾から始まり、最後には8台16手の合奏という展開で幕を閉じた。(ヴェルビエ音楽祭の模様はDVDで発売されている)
●そして私は、その8人のピアニストの中にいた、きらきらと輝くアジアの演奏家にゾッコンとなった。その放送では、もちろん独演を聴くことはなかったが、その後、LANG LANGのカーネギー・ホールでのリサイタル(ライブ)のCDが発売されていることを知り...その一枚は...去年のお正月の楽しみとして愛聴版になってくれた。シューマンのアベッグ変奏曲のなんと素晴らしいこと...私をどれほどリフレッシュしてくれたかしれない。もちろん、その他の収録曲も...溌剌と...とにかく楽しい。
●その後...LANG LANG演奏のCDがどのぐらい発売されているのか...リサーチもしないままに1年が過ぎた。先週末4日...たまたまこのアルバム「LANG LANG MEMORY」(2005年8月収録)に遭遇した。なんでも収録曲は幼き日の彼にとって、その後ピアノと運命を共にする道を歩むという...大きなキッカケとなった忘れ得ぬものが選曲されているという。
    収録曲…Piano Sonata no.10 in C major, K.330 ...Mozart
        Piano Sonata no.3 in B minor, op58 ...Chopin
        Kinderszenen op.15 ...Schmann
        Bonus CD Hungarian Rhapsody no.2 in C sharp minor ...Liszt
●この演奏について...当然...私ごときが云々すべきものではないが、感じたことを少々。
   ・とてつもなく透明感のある美しい音であるなぁ。
   ・各作曲家の曲を演奏者なりに...とてもよく理解して...愛のある演奏であるなぁ。
   ・この人の演奏にはアジア訛りを感じない...21世紀...地球的なセンスに溢れてるなぁ。
   ・この人の演奏を聴いていると、とても良い気持ち...元気になれるなぁ。    以 上
[PR]
by arinco22 | 2006-02-06 13:15 |      聴

no.1「蟻の小筺...を始めるにあたり...」060206

f0062810_11395736.jpg
arincoは2004年末から「arinco's kitchen」という食い物ブログを続けています
しかし最近になって 食べ物以外の話題も何か書き残したい
そんな思いが募ってきました
そこで この2nd blogを始めてみることにしました

ひょっとしたら挫折=行き倒れもariかも知れない
でも ゆっくりペースでボチボチ積み重ねて 楽しみたいと思います
内容も海山雑多 脈絡がないものになりそうな予感がします
何が飛び出すか 私にもまだ分かりません 前途多難

どうか期待せずに 時々ここを覗いてやって下さい
そして この空間を通して様々な交流ができたり
また 皆様から何らかのお教えをいただけるなら この上ない喜びです

m(_ _)m

[PR]
by arinco22 | 2006-02-06 11:40 |     事始め